給食室より

「食」への考え方

 子ども達にとって「食」とは、ただ単にお腹を満たすことだけではなく、様々な食材を食べる経験を通して食材への興味や様々な硬さや触感があることを知り、味覚、嗜好の形成を育むことです。また良く噛んで食べることにより唾液の分泌を促し、しっかりと大きな顎を形成することにより永久歯が生えてくる受け皿を作ることができます(顎が小さいと永久歯が生えてきた時に歯並びに影響します)。

 そして集団給食を通して友達と一緒に食べることはとても重要で、一緒に食べる人がいることは心の安定につながると同時に「食べる楽しさ」を感じられます。それによって食欲増進にもつながっていきます。

 保育園では、保護者と相談しながら5~6カ月頃から離乳食を始めています。素材の持っているそのものの味を活かしながら、少しずつ食べる食材を増やし、硬さや大きさを変えていきます。味付けは薄味で煮干しや鰹節などの出汁を使いながら、素材本来の甘味や旨味を感じてほしいと思っています。栄養士ができるだけ和食を中心とした献立を立て、食事とおやつ全て自園で栄養士と調理師が調理しています。

食育目標

●お腹がすくリズムの持てる子ども

●食べたいもの、好きなものが増える子ども

●一緒に食べたい人がいる子ども

●食事作りや準備に積極的にかかわる子ども

●食べ物を話題にする子ども

 

給食について

●和食を中心とした献立を立てています。

●季節の野菜を豊富に取り入れるようにし、子どもが苦手な食材も積極的に提供しています。

●味は薄味を基本とし、煮干しや鰹節の出汁をしっかりとることで素材の持っている美味しさを引き出しています。

●昼食のみならずおやつも自園で調理しています。

●毎月栄養士が2週間ごとの献立を作成し、保護者の皆様へ翌月分の献立表をお渡ししています。

●こどもの日、七夕、十五夜、クリスマス…といった行事食を取り入れています。

●じゃが芋掘りや大根掘り、また幼児クラスはミニトマトやキュウリの栽培を通した食育活動をおこなっています。

●給食を作ってくれた人への感謝の気持ちを育むために、食前・食後に「いただきます」「ごちそうさまでした」と挨拶をすることを伝えています。

●食事の時間が楽しいと思えるような雰囲気作り・声掛けを心掛けています。

●ミルクのみのお子さんについては、お子さんを抱っこしながらしっかりと目を見つめて授乳しています。それによって大人への信頼関係や愛着関係が築かれます。

 

アレルギーのお持ちのお子さんへ

●アレルギーのあるお子さんは、医師の診断(血液検査が必要な場合があります)が必要となります(保護者の「卵は心配だから…」などの理由による除去食(代替食)はできません)。除去食や代替食が必要なお子さんは、「食物アレルギーに関わる申請書」を提出していただきます。

●事前に個人面談でアレルギー食材を聞き取り、栄養士が今後どのように給食を提供するかプランを作成し、出来上がったプランを保護者に説明してから給食を提供しています。

●重篤なアレルギーをお持ちのお子さんは、お弁当を持ってきていただく場合があります。

●誤食を防ぐためにアレルギー食のお子さんの給食は、茶わんの色を別にして色のついたトレーを使って提供しています。栄養士・調理師は、アレルギー食の献立であることを担任に申し送りしています。担任はそれを確認した上で、お子さんへ配膳します。また食事中は、他のお子さんの給食を喫食しないように細心の注意を払いながら子ども達の食事を見守り・時には介助しています。

 

未満児23.2新.xlsx
Microsoft Excel 56.6 KB

 

 

今日の献立

令和5年2月2日

 今日のメインは脂の乗ったかじきのカレー揚げでした。スティック状に切ったかじきに、にんにく・醤油・カレー粉等に下味を付け、片栗をまぶして揚げました。カレー粉がよくきいてスパイシーな味付けですが、子ども達に大人気でした。付け合わせの和え物は、春を感じる菜の花が入りました。小松菜の和え物はよく提供するので、子ども達もよく食べるのですが、菜の花が入ると残しがどっと増えました。比較的苦味もあまりない菜の花でしたが、子どもの味覚は敏感ですね。ただ、今は苦手でも小さい時に食べた記憶があれば、大きくなって食べられるようになるようです。明後日から暦の上では春です♪♪春の菜の花覚えて欲しいです。

 おやつは、みんなの待ちに待った味噌うどんでした!!<調理師>

<昼食>

ご飯

豚ひき肉の味噌汁

かじきのカレー揚げ

菜の花と小松菜の和え物

<おやつ>

うどん(味噌)

バナナ

令和5年2月1日

 今日のメインはブリの照り焼きです。ブリは身の繊維が細かく、少し飲み込みづらいので、残しが出るかと思いましたが、小さいクラスの子ども達も上手によく噛んで食べました。冬の焼き野菜は、かぶ・ブロッコリー・カリフラワーをグリルしました。このところ寒いので冬野菜がとても甘く、グリルしたことでより甘くなり、子ども達も気に入った様子でした。

 おやつは、みんなが大好きなホットドックでした。<調理師>

 

<昼食>

切干大根ご飯

味噌汁

ブリの照り焼き

冬の焼き野菜

<おやつ>

ホットドック

チーズ

みかん

 

令和5年1月31日

 今日はみんなの好きな揚げ物です!どんな食材も揚げると美味しくなるのはなぜでしょう?今日は鮭フライでしたが、ぱんだ組の子でフライだけ残していたので、「嫌いなの?」と聞いたら「好きだから最後なのー♪」と最後に美味しそうに食べていました。ご飯と一緒に食べるともっと美味しいのになぁと思いましたが(笑)付け合わせのサラダも、子ども達が大好きなフレンチサラダ味だったので、みんなきれいに食べてくれました。

 おやつは米粉を使った蒸しパンです。小麦粉でつくるより、食感はもっちりしていますが、あっさり食べやすくなります。今日はお代わりが付かなかったので、りす組の子が「蒸しパン食べたい~」と泣いていました。ごめんね、次はお代わり付けるね。<調理師>

<昼食>

星ピラフ

豚肉と野菜のスープ

鮭フライ

コーンとキャベツのサラダ

<おやつ>

米粉のみかん蒸しパン

バナナ

 

お問い合わせ
アクセス
電話番号:03-3928-6066